音樂夜噺」アーカイブ > 桜丘町音樂夜噺 > 第三夜

  2006年1月21日(土)
東京・渋谷 トラットリア・アル・バッコにて
論者:
高橋政資 (アオラ・コーポレーション主宰、音楽ライター)
聞き手:
栗原英樹 (ミュージック・マガジン編集部)
写真:左から、栗原英樹、高橋政資

昭和30年代のクリスタル・シスターズによる「月影のキューバ」で幕を開けた「夜噺」第三夜は、まず主催者による、日本にキューバン・ミュージックが持ち込まれた初期の話から始まりました。日本には20年代に最初「タンゴ」、それに一歩遅れて「キューバン」が紹介され、それらはまとめて“軽音楽”とか“ラテン”と呼ばれたのです(1940年代にビクターが発売した6枚組SPレコード「中南米音楽アルバム」の解説でを“ラテン”という言葉が高橋忠雄によって日本ではじめて使われた、という説に由来)。49年に見砂直照による東京キューバン・ボーイズ、54年には有馬徹とノーチェ・クバーナが結成されます。一方、53年にザビア・クガート、56年にペレス・プラード楽団が来日して人気を博しました。日本でラテン・キューバン・サウンドが意識されたのはすでに50年も前のことなのです。しかし“ラテン”という呼称が中南米の音楽を曖昧にし、わかりにくくさせたのも確かです。今回は実は奥の深いこの「キューバ」の音楽を体系的に語っていただこうという試みです。

第1部でサルサの基礎ともなった音楽“ソン”以前のキューバの音楽を、第2部では時代が飛んで現在のキューバ新世代(サルサ以外)のミクスチャー音楽を紹介するという構成で本編へ。

| 選曲一覧↓ | お噺→ |


選曲一覧

※曲名をクリックすると、該当のお噺箇所にリンクします。

 

01:「 エンカメ 」
『 アフロ・キューバ音楽のアンソロジー、古のアフロキューバのうた第1集 』

“Enkame”/ “Antologia de la Musica Afrocubana Viejos Cantos Afrocubanos Vol.1”
    02:「 コントルベルシア・ウモリスティカ 」
コンフント・クカランベ
『フロム・アフロキューバン・ミュージック・トゥ・サルサ、Dr.オロボ・アレン・ロドリーゲス編纂』

“Controversia Humoristica”/ Conjunto Cucalambe / “From Afrocuban Music To Salsa, Dr. Olavo Alen Rodrigez”

 

03:「 ロス・トレス・ゴルペス 」
チャランガ・ティピカ・デ・ルバルカーバ
『 フロム・アフロキューバン・ミュージック・トゥ・サルサ、Dr.オロボ・アレン・ロドリーゲス編纂 』

“ Los Tres Golpes ”/ Charanga Tipica de Rubalcaba / “From Afrocuban Music To Salsa, Dr. Olavo Alen Rodrigez”
    04:「 シンプソンの高台で 」
オルケスタ・フォルクロリカ・クバーナ
『 アルメンドラ・コン・サボール・ア・ダンソーン 』

“ Las Alturas de Simpson”/ Orq. Folklorica Cubana / “Almendra Con Sabor A Danzon”

 

05:「 ポポポ 」
アリーナ・サンチェスとキューバ国立シンフォニー・オーケストラ
『 セシリア・バルデース 』

“Po Po Po”/ Alina Sanchez, Orq. Sinfonica Nacional / “Cecilia Valdes”
    06:「 マニセーロ 」
リタ・モンタネール
『 リタ・デ・クーバ 』

“El Manisero”
Rita Montaner
“Rita De Cuba”

 

07:「ラ・チャンベローナ」
ラモーン・エスピグル&ローラ・マヨルガ
SP盤

“La Chambelona”/ Ramon Espigul y Lola Mayorga / (SP)
    08:「ネンゴン・パラ・ティ」
ラ・ファミリア・バレーラ・ミランダ
『ソンの重要なアンソロジー、ダニーロ・オロスコ編集』

“Nengon Para Ti”/ La Familia Valera Miranda / “Antologia Integral Del Son Recopilados Por Danilo Orozco ”

 

09:「エル・グアラレイ・デ・パストーラ」
グルーポ・チャングイ・デ・パストーラ
『キューバ・イン・ワシントン』

“El Guararey de Pastora”/ Grupo Changui De Pastora / “Cuba in Washington”
    10:「クアルキエール・フロール」
シンド・ガライ&グアリオネス・ガライ
『キューバのトラディショナル・トローバへのオマージュ』

“ Cualquier Flor ”/ Sindo Garay y Guarionex Garay / “Homenaje a la Trova Tradicional Cubana”

 

11:「 アイ・ママ・イネス 」
R.ルイス、P.ロドリーゲス、M.ポンセ、M.ロドリーゲス&P.ロメーロ
SP盤

“ Ay Mama Ines!”/ R. Ruiz, P. Rodriguez, M. Ponce, M Rodriguez y P. Romero / SP
    12:「ジェゲ・ジェゲ」
ロス・バン・バン
『 ロス・バン・バンVOL.3 』

“ Llegue Llegue ”/ Los Van Van
“ Los Van Van Vol.3 ”

 

13:「グアパチャ・エル・メホール」
グアパチャ with チューチョ・バルデース
『エン・ラ・アバーナ』

“Guapacha el Mejor”/ Guapacha con Chuocho Valdes / “En La Habana”
    14:「トゥ・ミ・デリリオ」
ホセー・アントニオ・メンデス
『ミ・メホール・カンシオーン』

“Tu, Mi Delirio”/ Jose Antonio Mendez / “Mi Mejor Cancion”

 

15:「ラ・プエルタ・イ・エル・エスペホ」
ヘマ・イ・パベル
『アート・ベンベ』

“La Puerta y El Espejo”/ Gema Y Pavel / “ Art Bembe ”
    16:「バスタ・ビエン」
アバナ・アビエルタ
『ブーメラン』

“Basta Bien”/ Habana Abierta
“Boomerang”

 

17:「ウン・ファンタスマ・グリス」
フアン・カルロス・フォルメル
『セメテリエス&デシレ』

“Un Fantasma Gris”/ Juan-Carlos Formell / “Cemeteries   Desire”
    18:「セ-ラメ・コモ・アジェ」
インテラクティボ
『 ゴサ・ペピージョ 』

“Ce-lame Como Aye”/ Interactivo
“Goza Pepillo”

 

19:「キエロ」
フリー・ホール・ネグロ
『 アンダーグラウンド・ライヴ 』

“Quiero”/ Free Hole Negro
“Underground Live”
    20:「ブレン・ブレン・ブレン」
カルリーニョス・ブラウン&ベボ・バルデース
『エル・ミラグロ・デ・カンデアル』

“Blen Blen Blen”/ Carlinhos Brown & Bebo Valdes / “El Milagro de Candeal”


桜丘町音樂夜噺 > 第三夜
ページトップ
Copyright 2006 Ongakuyobanashi