音樂夜噺」アーカイブ > 百人町音樂夜噺 > 第24夜

  2007年10月25日(木)
東京・新宿 ネイキッド・ロフトにて
論者:
深沢美樹(音楽評論家)
聞き手:
原田尊志(音楽ライター、エル・スール・レコーズ)

写真:左から、深沢美樹、原田尊志

トリニダードのカリプソが世界的にヒットした50年代半ばのロンドンでは、様々な意味で重要な出来事が起こっていました。カリブ移民のモダンな音楽として先駆的役割を果たしたカリプソは、現在の英国ジャマイカ音楽発展の前史的な役割を担い、また西アフリカ、ガーナのハイライフにも大きな刺激を与えました。カリブとアフリカという二つの地域の音楽的交流とシンクロする独立運動の思想的交流、パン・アフリカニズム〜フェラ・クティにまで話は飛び火するかも?

| 選曲一覧↓ |


選曲一覧

01:
VARIOUS ARTISTS
『HISTORY OF CARNIVAL』
    02:
VARIOUS ARTISTS
『CALYPSO PIONEERS 1912-1937』

03:
LIONEL BELASCO
『GOODNIGHT LADIES AND GENTS.』

    04:
SAM MANNIG
『Volume 1: New York 1924-1927』

 

05:
VARIOUS ARTISTS
『CALYPSO LADIES 1926-1941』
    06:
VARIOUS ARTISTS
『GOLDEN YEARS OF CALYPSO 1931-1945』

 

07:
VARIOUS ARTISTS

『WEST INDIAN RHYTHME』

    08:
VARIOUS ARTISTS
『THE REAL CALYPSO』

 

09:
VARIOUS ARTISTS
『CALYPSO FROM TRINIDAD 1930'S』
    10:
LORD INVADER
『CALYPSO IN NEWYORK』

 

11:
VARIOUS ARTISTS
『GOLDEN YEARS OF CALYPSO VOL.2』
    12:
VARIOUS ARTISTS
『LONDON IS THE PLACE FOR ME』

 

13:
E.T. MENSAH
『ALL FOR YOU』
    14:
E.T. MENSAH
『DAY BY DAY』

 

15:
LORD KITCHENER
『GOLDEN YEARS OF CALYPSO VOL.3』
    16:
VARIOUS ARTISTS
『VINTAGE PALMWINE』

 

17:
Ambrose Adekoya Campbell & OTHERS
『LONDON IS THE PLACE FOR ME 3』
    18:
VARIOUS ARTISTS
『EVERGREEN HITS OF 20 MUSIC MASTERS OF OUR COUNTRY NIGERIA』

 

19:
Fela Ransome-Kuti & His Koola Lobitos
『Highlife-Jazz & Afro-Soul』
    20:
MIGHTY SPARROW
『VOLUME 1』

 

21:
LORD MELODY
『PRECIOUS MELODIES』
   




百人町音樂夜噺 > 第24夜
ページトップ
Copyright 2006 Ongakuyobanashi