音樂夜噺」アーカイブ > 新・音樂夜噺 > 第28夜

  2008年7月26日(土)
東京・目黒 LUBEROにて
論者:
村井康司(編集者、ジャズ評論家)
聞き手:
関口義人(『音樂夜噺』主宰)

写真:左から、村井康司、関口義人

ジャズと呼ばれる音楽は、異文化がダイナミックにぶつかって生まれた「元祖ワールドミュージック」だと言えるのかもしれません。そしてジャズは20世紀を通じて、世界のさまざまな音楽に深い影響を与えてきました。今回は異文化が衝突・混淆して生まれた「ジャズという名のワールドミュージック」を起点に、世界の多種多様な音楽とジャズの関係を、実際に音を聴きながら俯瞰することができれば、と思っています。

| 選曲一覧↓ |


選曲一覧

01: 「CARAVAN」
DUKE ELLINGTON ORCHESTRA
『DUKE ELLINGTON 1932-1941』
    02: 「HE PEARLS/TIA JUANA」
COODER
『JAZZ』

03: 「SIDEWALK BLUES」
JELLY ROLL MORTON'S RED HOT PEPPERS
『JAZZ CLASSIC MASTERPIECES? CHICAGO』

    04: 「LA BELLE AMELIE」
ORCHESTRE E.LEARDEE DU CELEBRE BAL COLONIAL DE LA RUE BLOMET
『ANTILLES JAZZ WEST INDIA JAZZ(1930-1954)』

 

05: 「TOO MUCH MASTARD」
EUROPE'S SOCIETY ORCHESTRA
『RAGTIME TO JAZZ 1? 1912-1919』
    06: 「ORIENTAL SHUFFLE」
DJANGO REINHARDT
『IN MEMORIAM』

 

07: 「きゅうくつな我が家」
榎本健一、二村定一

『エノケンのキネマソング』

    08: 「スーダラ節」
植木等
『植木等スーパーベスト』

 

09: 「CUBANA BE」
DIZZY GILLESPIE
『DIZZIER AND DIZZIER』
    10: 「MACEDONIA」
DUSKO GOYKOVICH
『SWINGIN' MACEDONIA』

 

11: 「ETERNAL RHYTHM PART1」
DON CHERRY
『ETERNAL RHYTHM』
    12: 「ENJOY,ENJOY」
EMIL RICHARDS
『JOURNEY TO BLISS』

 

13: 「MIRACLE OF THE FISHES」
WAYNE SHORTER AND MILTON NASCIMENTO
『NATIVE DANCER』
    14: 「PLATO FEITO」
TONINHO HORTA
『TONINHO HORTA』

 

15: 「MUS MUS,MIS MIS」
OKAY TEMIZ
『MAGNET DANCE』
    16: 「PELITYOT」
JOHN ZORN'S MASADA
『LIVE IN JERUSALEM 1994』

 

17: 「THE SPIRIT OF JULIAN "C" ADDERLEY」
JOE ZAWINUL
『FACES AND PLACES』
    18: 「WARAYA」
SALIF KEITA
『AMEN』

 

19: 「HAY CANDOMBE」
ALEJANDRO LUZARDO Y LA CANDOMBERA
『ESCUCHA EL TAMBOR』
    20: 「THE DEPARTING HUNTER'S SONG/WAR DANCE SONG/JERSEY DEVIL」
HANK ROBERTS
『GREEN』

新・音樂夜噺 > 第28夜
ページトップ
Copyright 2006 Ongakuyobanashi