音樂夜噺」アーカイブ > 新・音樂夜噺 > 第30夜

  2008年10月18日(土)
東京・恵比寿 アートカフェ・フレンズにて
論者:
石橋 純(東京大学教員、ラテンアメリカ文化研究専攻)
聞き手:
佐藤由美(音楽ライター、編集者)

写真:左から、石橋 純、佐藤由美

エキゾチックなラテン風歌謡として歌い継がれる「コーヒールンバ」。この曲がベネズエラの旋律だということを、ご存じでしたか? コーヒールンバって、何なのでしょう? そんな疑問を手がかりに、ベネズエラの伝統〜ポピュラー音楽を紹介、その魅力を語ります。ベネズエラ音楽を本格的に演奏する人が日本にも増えはじめました。そんな活動の先駆者である弦楽器奏者・出口泰司さんが結成したアンサンブル・セレステを迎え、伝統楽器と歌の実演もお届けします。

ライブ:出口泰司&アンサンブル・セレステ
ベネズエラ各地の伝統音楽を本格的スタイルで演奏する日本で唯一の弦楽器奏者。3種のバンドーラ、マンドリン、クアトロ、ギター、ベース、マラカスを演奏。1994年いらいベネズエラ音楽の実演で日本各地をツアー。門弟と結成したアンサンブル・セレステを率いて、ベネズエラ音楽の普及をめざす。本業はフラメンコ・ギタリスト。

| 選曲一覧↓ |


選曲一覧

01: 「Moliendo Cafe」
Hugo Blanco
『Hugo Blanco sus grandes exitos』
    02: 「Natalia (vals No.3 de Antonio Lauro)」
Luis Quintero
『Joyas Latinoamericanas vol.1』

03: 「Galavis」
Tambores de San Millan
『La Fuerza de la tradicion』

    04: 「El novio pollero」
Cecilia Todd
『El disco de Venezuela』

 

05: 「Magallanes sera campeon」
Billo Caracas Boys
『24 exitos de Billo's vol.V』
    06: 「Fiesta en Elorza」
Eneas Perdomo
『El disco de Venezuela』

 

07: 「Fiesta en Elorza」
Aldemaro Romero y su Onda Nueva

『Onda Nueva Vocal』

    08: 「Tonada de Cabrestero」
Simon Diaz
『Tonadas』

 

09: 「Un Cigarrito y un cafe」
Guaco
『これがグアコだ』
    10: 「Ojos Verdes」
Ilan Chester
『Un Mundo Mejor』

 

11: 「Entrada a Cumanacoa」
Ricardo Sandoval
『Ricardo Sandoval Mandolinista』DVD
   




第2部 アンサンブル・セレステ & 日下部由美 
@「コーヒールンバ」(オルキデア)作曲:ホセ・マンソ・ペローニ
A「気ままな悪魔」(バルス) 作曲:エラクリオ・エルナンデス
B「旅路の土をまとって」(パサーヘ)作詞作曲:アウグスト・ブラカ
C「バホセコ」(ホローポ・セントラル)作曲:エステバン・ガルシア
D「グアチャセイス」(ホローポ・グアヤネス)伝承曲
E「エル・クルサーオ」(ホローポ・オリエンタル)作曲:リカルド・サンドバル
F「キルパ」(ホローポ・ジャネーロ)伝承曲

新・音樂夜噺 > 第30夜
ページトップ
Copyright 2009 Ongakuyobanashi