音樂夜噺」アーカイブ > 新・音樂夜噺 > 第31夜

  2008年11月29日(土)
東京・目黒 LUBEROにて
論者:
小野島 大(音楽評論家)
聞き手:
関口義人(「音楽夜噺」主宰)

20世紀の世界の商業音楽はロックによって支えられて来た、と言っても過言ではありません。しかしロックもそれぞれの国の文化の中で異なる変化や発展を遂げて来た筈です。1980年代後半に世界に登場した「ワールド」な音楽はロックにとってどのような意味を持ち、どういう影響を与え/受けてきたのか。ロック評論の前線に20年以上かかわってこられた小野島大さんをお招きして語っていただきます。

| 選曲一覧↓ |


選曲一覧

01: 「Al Yunic Sharbouni Ate」
Brian Jones
『The Pipes of Pan at Joujouka』
    02: 「Forces Of Opression」
The Pop Group
『For How Much Longer Do We Tolerate Mass Murder?』

03: 「Youth of Eglington」
Black Uhuru
『Roots』

    04: 「Beh Haadh Ramza Dhasdha」
Nusrat Fateh Ali Khan
『Shahbaaz』

 

05: 「Bana」
Hassan Hakmoun and Zahar
『Trance』
    06: 「Om Sha'ar Asmar Me Daffar」
Ali Hassan Kuban
『Walk Like a Nubian』

 

07: 「Ratamahatta」
Sepurtura

『Roots』

    08: 「Jalan Jalan to the Temple」
Mani Neumeier & Peter Hollinger
『Meet the Demon of Bali』

 

09: 「It's Alright, I Feel It!」
Nuyorican Soul
『Nuyorican Soul』
    10: 「Africa Calling」
Timmy Regisford
『Africa Calling』

 

11: 「Filibuster X」
Antibalas Afrobeat Orchestra
『Security』
    12: 「Radio Bemba Sound System」
Manu Chao
『-』

 

13: 「Show Me The Way」
Zap Mama
『Ancestry in Progress』
    14: 「Rock The Casbah」
Rachid Taha
『Tekitoi』

 

15: 「Asilos Magdalena」
The Mars Volta
『Amputechture』
    16: 「Ghost Hardware」
Burial
『Untrue』

 

17: 「Bird Fru」
M.I.A.
『Kala』
    18: 「Riodidgeneiro」
Goma & The Jungle Rhythm Section
『Rhythm & Breath』

 

19: 「J'etais Jetee」
Think Of One
『Camping Shaabi』
    20: 「Afoot」
Gang Gang Dance
『Saint Dymphba』

新・音樂夜噺 > 第31夜
ページトップ
Copyright 2009 Ongakuyobanashi