音樂夜噺」アーカイブ > 新・音樂夜噺 > 第36夜

  2009年5月2日(土)
東京・渋谷 ダイニングバーLi-Poにて
論者:
向風三郎(音楽ジャーナリスト)
聞き手:
松山晋也(ライター)

写真:左から、松山晋也、向風三郎

ビートルズ、ストーンズを魅了し、ボブ・ディランが詩を捧げた60年代のイコン、フランソワーズ・アルディは今年65歳。 18歳で世界のスーパースターとなったアンニュイの少女は、人前で歌わない隠遁アーティストとなり、占星学に没頭し、どのようにして老いたか。昨暮刊行され現在もフランスでベストセラー中の自伝の中で告白された数々の逸話を交えつつ、アルディの実像とフレンチ・ポップの40年を振り返る、アンニュイ女一代記。

| 選曲一覧↓ |


選曲一覧

01: 「IT HURTS TO SAY GOODBYE」
ARNOLD GOLAND
『*』
    02: 「TOUS LES GARCONS ET LES FILLES」
FRANCOISE HARDY
『TOUS LES GARCONS ET LES FILLES』(シングル)

03: 「FIND ME A BOY」
FRANCOISE HARDY
『ALL OVER THE WORLD』

    04: 「LE TEMPS D’AMOUR」
FRANCOISE HARDY
『LE TEMPS D’AMOUR』(シングル)

 

05: 「LES CACTUS」
JACQUES DUTRONC
『LES CACTUS』(シングル)
    06: 「ALL OVER THE WORLD」
FRANCOISE HARDY
『ALL OVER THE WORLD』

 

07: 「MA JEUNESSE FOUT LE CAMP(もう森へなんか行かない)」
FRANCOISE HARDY

『MA JEUNESSE FOUT LE CAMP(もう森へなんか行かない)』(シングル)

    08: 「IT HURTS TO SAY GOODBYE」
VERA LYNN
『IT HURTS TO SAY GOODBYE』(シングル)

 

09: 「COMMENT TE DIRE ADIEU(さよならを教えて)」
FRANCOISE HARDY
『COMMENT TE DIRE ADIEU(さよならを教えて)』(シングル)
    10: 「ANAMOUR」
SERGE GAINSBOURG
『ANAMOUR』(シングル)

 

11: 「L’ANAMOUR」
FRANCOISE HARDY
『COMMENT TE DIRE ADIEU』
    12: 「ET SI JE M’EN VAIS AVANT TOI」
FRANCOISE HARDY
『ET SI JE M'EN VAIS AVANT TOI』

 

13: 「NOBODY KNOWS WHERE YOU’VE BEEN」
MICKY & TOMMY
『THE STATE OF MICKY & TOMMY』
    14: 「LA QUESTION」
FRANCOISE HARDY
『LA QUESTION』

 

15: 「MESSAGE PERSONNEL」
FRANCOISE HARDY
『MESSAGE PERSONNEL』
    16: 「JUKEBOX」
FRANCOISE HARDY
『GIN TONIC』

 

17: 「MOI VOULOIR TOI」
FRANCOISE HARDY
『MOI VOULOIR TOI』(シングル)
    18: 「PARTIR QUAND MEME」
FRANCOISE HARDY
『Decalage』

 

19: 「REVENGE OF THE FLOWERS」
MALCOLM MCLAREN & FRANCOISE HARDY
『Paris』
    20: 「TANT DE BELLES CHOSES」
FRANCOISE HARDY
『Tant de belles choses』

 

21: 「NASDAQ」
THOMAS DUTRONC
『Comme un manouche sans guitare』
    22: 「QUE RESTE-T-IL DE NOS AMOURS」
FRANCOISE HARDY & ALAIN BASHUNG
『Parentheses』

新・音樂夜噺 > 第35夜
ページトップ
Copyright 2009 Ongakuyobanashi