音樂夜噺」アーカイブ > 新・音樂夜噺 > 第37夜

  2009年6月27日(土)
東京・渋谷 ダイニングバーLi-Poにて
論者:
ネーヴェス・マウロ(上智大学外国語学部教授)
聞き手:
長嶺修(ガティータ店主、音楽ライター)

写真:左から、ネーヴェス・マウロ、長嶺修

ファドは世界で知られる唯一のポルトガル音楽ですが、それはポピュラー音楽(都市の音楽)です。アマリア・ロドリゲスが最も有名なファディスタですが1994年に新ファドという世代が誕生し、ファドは様々な変化を受けてきました。「ポップス」というジャンルはフランスのシャンソンの影響を受けて誕生したCancao Nacional「国家音楽」でした。 1968年以降1974年まで独裁政府を批判したCanto de intervencao「変化を求める音楽」や1974年の革命以降1978年までポルトガルでもっと流行った Nova Musica Portuguesa「新ポルトガル音楽」もあります。さらにブラジルの影響が強いダンスミュージックと民謡をポップス化されたピンバも存在します。それぞれのジャンルの曲を分析しながら、ファドからポップスへの道について考えます。

| 選曲一覧↓ |


選曲一覧

01: 「A Casa da Mariquinhas」
Alfredo Marceneiro
『O Melhor da Musica Portuguesa』
    02: 「Eu Queria Cantar-te um Fado」
Amalia Rodrigues
『Amalia 50 Anos』

03: 「Sabor a Sal」
Antonio Calvario
『O Melhor da Musica Portuguesa』

    04: 「Ele e Ela」
Madalena Iglesias
『Vencedores do Festival da Cancao 1964-1993』

 

05: 「Desfolhada」
Simone de Oliveira
『Vencedores do Festival da Cancao 1964-1993』
    06: 「Grandola Vila Morena」
Jose Afonso
『The Rough Guide to the Music of Portugal』

 

07: 「E Depois do Adeus」
Paulo de Carvalho

『Vencedores do Festival da Cancao 1964-1993』

    08: 「Um Homem na Cidade」
Carlos do Carmo
『A Arte e a Musica de Carlos do Carmo』

 

09: 「Estou Alem」
Antonio Variacoes
『O Melhor da Musica Portuguesa』
    10: 「Conquistador」
Da Vinci
『Vencedores do Festival da Cancao 1964-1993』

 

11: 「Quem Vai ao Fado」
Jorge Fernando
『A Arte e a Musica de Jorge Fernando』
    12: 「Rua dos Meus Ciumes」
Misia
『Misia』

 

13: 「Cancao do Mar」
Dulce Pontes
『Lagrimas』
    14: 「Maria Portuguesa」
Toy
『Todos os Sucessos』

 

15: 「Vem (Alem de Toda a Solidao)」
Madredeus
『O Melhor da Musica Portuguesa』
    16: 「Manha Submersa」
Xutos e Pontapes
『O Melhor da Musica Portuguesa』

 

17: 「Mais Um Fado no Fado」
Camane
『Pelo Dia Dentro』
    18: 「O Gente da Minha Terra」
Mariza
『Fado em Mim』

 

19: 「Todos os Segredos」
Anjos
『Segredos』
    20: 「Negocios Estrangeiros」
Da Weasel
『O Melhor da Musica Portuguesa』

新・音樂夜噺 > 第37夜
ページトップ
Copyright 2009 Ongakuyobanashi