音樂夜噺」アーカイブ > 新・音樂夜噺 > 第39夜

  2009年8月29日(土)
東京・渋谷 ダイニングバーLi-Poにて
対 談:
栗本 斉(音楽ライター)
佐藤由美(音楽ライター)

写真:左から、栗本 斉、佐藤由美

ラテン・ポップ・カルチャーの最先端にこの男の影あり!アルゼンチンを代表する音楽家、グスタボ・サンタオラージャ。60年代末にアルコ・イリスでデビュー、アルゼンチン・ロック黎明期を築き、敏腕プロデューサーとしてメキシコを中心とした“ロック・エン・エスパニョール”ムーヴメントを巻き起こし、バホフォンドを率いて世界中をタンゴ・エレクトロニカで踊らせる。グラミー賞では飽きたらず、映画音楽作家とて2年連続オスカー獲得という快挙をものにした。「ピアソラを超えた」とも言われる鬼才の40年に渡るキャリアを紐解きながら、ラテンの切り口から見たもうひとつのポップ・ミュージック史を俯瞰する。

| 選曲一覧↓ |


選曲一覧

01: 「Camino」
Arco Iris
『Arco Iris』
    02: 「Voy A Hacer Las Paces」
Soluna
『Energia Natural』

03: 「Puntos Cardinales」
Cafe Tacuba
『Cuatro Caminos』

    04: 「Puto」
Molotov
『?Donde Jugaran Las Ninas?』

 

05: 「Algun Dia」
Julieta Venegas con Gustavo Santaolalla
『MTV Unplugged』
    06: 「La Camisa Negra」
Juanes
『Mi Sangre』

 

07: 「Solo En Suenos」
Juana Molina

『Rara』

    08: 「Se Que No Vas A Volver」
Gaby Kerpel
『Carnabailito』

 

09: 「Chavosuite」
Kronos Quartet
『Nuevo』
    10: 「Interludio De Balazos Y Lamento Por La Muerte De Federico」
Osvaldo Golijov
『Ainadamar: Fountain Of Tears』

 

11: 「Iguazu」
Gustavo Santaolalla
『Ronroco』
    12: 「Tema Amores Perros」
Gustavo Santaolalla
『Amores Perros』

 

13: 「A Love That Will Never Grow Old」
Emmylou Harris
『Brokeback Mountain』
    14: 「The Blinding Sun」
Gustavo Santaolalla
『Babel』

 

15: 「Pa' Bailar」
Bajofondo con Ryota Komatsu
『Mar Dulce』
    16: 「Tango Del Pecado」
Calle 13
『Residente O Visitante』

 

17: 「Un Cielo Para Los Dos」
Lagrima Rios Con Gustavo Santaolalla
『Cafe De Los Maestros』
    18: 「Solo Como El Cardon」
Leon Gieco
『De Ushuaia A La Quiaca』

 

19: 「Pintalo De Negro」
Semilla
『Semilla』
    20: 「Celador De Suenos」
Mercedes Sosa con Gustavo Santaolalla y Orozco-Barrientos
『Cantora 1』

新・音樂夜噺 > 第39夜
ページトップ
Copyright 2009 Ongakuyobanashi