音樂夜噺」アーカイブ > 新・音樂夜噺 > 第41夜

  2009年10月24日(土)
東京・渋谷 ダイニングバーLi-Poにて
論者:
関口義人(『音楽夜噺』主宰)
聞き手:
松山晋也(音楽評論家)

写真:左から、松山晋也、関口義人

激動の20世紀をヨーロッパの裏庭”バルカン”から見つめつつ濃厚で毒気を帯びた音楽によって現実と幻想のバルカンを表現してきた才人ゴラン・ブレゴビッチ。ロックのカリスマとしてのその初期の活動からクストリッツァ監督との一連の映画音楽、そして汎バルカン的な広がりを感じさせる多様なミュージシャンたちとのコラボレーション。ユーゴスラヴィアの民族的背景とジプシーブラスを取り入れ、大胆に繊細に描き出されるブレゴビッチの世界を余す所なくお話ししたいと思います。

| 選曲一覧↓ |


選曲一覧

01: 「Kad Bi Bio Bijelo Dugme」
Goran Bregovic
『Jutro』
    02: 「Ko Zna Reci」
Gran Bregovic with Jadranka
『-』

03: 「Ne Gladaj Me Tako Ne Ljubi Me Vise」
Bijelo Dugme
『Sta Bi Dao Da Si Mom Mjestu』

    04: 「Bitanga I Pricenza」
Bijelo Dugme
『Bitanga I Pricenza』

 

05: 「Zazmiri I Broj」
Bijelo Dugme
『Dozivjeti Stotu』
    06: 「Kosovska」
Bijelo Dugme
『Uspavanka Za Radimilu』

 

07: 「Uspavanka Za Radmilu」
Bejelo Dugme

『Uspavanka Za Radmilu』

    08: 「Sta Ima Novo」
Bijelo Dugme
『Cibiribela』

 

09: 「Tango」

『KUDUZ』
    10: 「Kustina Oro」
Vo: Lina Nikolakopoulou
『Prostopsolti / Time of Gypsies』

 

11: 「TV Screen」
Vo: Iggy Pop
『Arizona Dream』
    12: 「Elo-Hi」
Vo:Ofra Haza
『La Reine Margot』

 

13: 「Ausencia」
Vo: Cesaria Evora
『Underground』
    14: 「Mececina」
Slobodan Saljevic / Boban Markovic Orch.
『Underground』

 

15: 「Chupchik」
Vo: Ludmila Radkova
『Silence Of The Balkan』
    16: 「Song For Elena」
Vo: Yiorgos Dalaras
『Thessaloniki』

 

17: 「Gul」
Vo: Sezen Aksu
『Song Book』
    18: 「Spij Kodanie Spij」
Vo: Kayah
『Bregovic & Kayah』

 

19: 「Hop Hop Hop」
Vo: Saban Bajramovic
『Tales And Songs』
    20: 「Yremiah」

『Alcohol』

 

21: 「Gas Gas Gas」

『Karmen』
   


新・音樂夜噺 > 第41夜
ページトップ
Copyright 2009 Ongakuyobanashi