音樂夜噺」アーカイブ > 新・音樂夜噺 > 第42夜

  2009年11月28日(土)
東京・渋谷 ダイニングバーLi-Poにて
論者:
白石和良(ブリティッシュ・トラッド&フォーク研究家)
聞き手:
野崎洋子(ミュージック・プラント主宰)

写真:左から、白石和良、野崎洋子

ブリティシュ・トラッドとはBRITISH FOLK MUSICの事で英国諸島に伝わる伝統音楽を現代的に演じた音楽です。1950年代からのフォーク・リバイバルによって大きな興隆を見せたこの音楽は、幾多の個性的な歌手、ギタリストやグループを生み出して世界的に知られるようになり、ヨーロッパ大陸などのフォーク・ミュージックにも大きな影響を与えてきました。また近年では特に若手の女性歌手達の活躍で再び活況を呈しています。今回は、アイリッシュなどのケルティック・ミュージックとの接点にも焦点を当てながら、CD化されていない貴重な音源も使って、過去から今日までのブリティシュ・トラッドの多彩な魅力を聴いていきたいと思います。

| 選曲一覧↓ |


選曲一覧

01: 「WASSAIL SONG」
THE WATERSONS
『FROST AND FIRE』
    02: 「JACK ORION」
A.L.LLYOD
『FIRST PERSON』

03: 「COME ALL YE TRAMPS AND HAWKERS」
EWAN MacCOLL
『SCOTS STREET SONGS』

    04: 「THE SONG OF CHOICE」
JOHN FAULKNER AND SANDRA KERR
『JOHN & SANDRA』

 

05: 「LET NO MAN STEAL YOUR THYME」
ANNE BRIGGS
『THE EDINBURGH FOLK FESTIVAL 2』
    06: 「HARES ON THE MOUNTAIN」
SHIRLEY COLLINS & DAVY GRAHAM
『FOLK ROOTS,NEW ROOTS』

 

07: 「BRUTON TOWN」
PENTANGLE

『SWEET CHILD』

    08: 「SIR PATRICK SPENCE *SANDY DENNY VOCAL VERSION」
FAIRPORT CONVENTION
『LIEG & LIEF DELUX EDITION』

 

09: 「THE DARK EYED SAILOR」
STEELEYE SPAN
『HARK! THE VILLAGE WAIT』
    10: 「THE HUNT IS UP」
THE ALBION DANCE BAND
『THE PROSPECT BEFORE US』

 

11: 「WONDROUS LOVE」
PENTANGLE WITH DAVID MUNROW ENSEMBLE
『THE TIME HAS COME 1967-1973』
    12: 「SEVEN YELLOW GYPSIES」
MARTIN CARTHY & DAVE SWARBRICK
『PRINCE HEATHEN』

 

13: 「BONNY LIGHT HORSEMAN」
NIC JONES
『GAME SET MATCH』
    14: 「FLASH COMPANY」
JUNE TABOR WITH MARTIN SIMPSON
『A CUT ABOVE』

 

15: 「BRAW LADS OF GALLA WATER」
BATTLEFIELD BAND
『HOME IS WHERE THE VAN IS』
    16: 「AN FHIDEAG AIRGID (THE SILVER WHISTLE)」
FLORA MACNEIL
『CRAOBH NAN UBHAL-TRADITIONAL GAELIC SONGS FROM THE WESTERN ISLES』

 

17: 「ORAN CHALUM SGAIRE (CALUM SGAIRE'S SONG)」
RACHEL WALKER
『BRAIGHE LOCH LALL』
    18: 「JACK ORION/RUSTY JACK」
NANCY KERR & JAMES FAGAN
『STARRY GAZY PIE』

 

19: 「SHULE RUNE」
JIM CAUSLEY
『LOST LOVE FOUND』
    20: 「LARK IN THE MORNING」
JACKIE OATES
『THE VIOLET HOUR』

新・音樂夜噺 > 第42夜
ページトップ
Copyright 2009 Ongakuyobanashi