音樂夜噺」アーカイブ > 新・音樂夜噺 > 第47夜

  2010年4月24日(土)
東京・渋谷 ダイニングバーLi-Poにて
論者:
板垣真理子(フォトグラファー、音楽ライター)
聞き手:
原田尊志(「エルスール・レコーズ」店主)

写真:左から、原田尊志、板垣真理子

ナイジェリアの西部に居住するヨルバの人々。その神々は大西洋を越えて、ブラジルやキューバに渡り根付きました。奴隷制度の過酷な現実の中で生き延びてきたその神々と音、リズム、神話とそれを象徴するネックレス、象徴物など。人々は何故その世界に魅せられるのか? 80年代初頭を華やかに飾ったキング・サニー・アデの音楽に惹きつけられてナイジェリアに単身渡ったフォトグラファーの板垣真理子さんは、フェラ・クティの音楽とその世界にも出会い、「偶然」彼らがヨルバの民だったために、「新世界」で生きのび、豊穣な変化を遂げたそれらの世界に興味をいだき「奴隷解放100年祭」に湧くブラジルへ。そしてヨルバとシンクロしたバイーアのカーニバルへ。ナイジェリア、バイーア、キューバと大西洋を越えたつながりをダイナミクスを体験されました。昨年秋刊行の『ブラジル・踊る神々のカーニバル』の内容とも響きあう語りとなる予定です。

| 選曲一覧↓ |


選曲一覧

01: 「Elewe Dance Music of Oro: Siko」
Dramatic Dance Form Styles 2 and 3
『Yoruba Elewe-Bata Drum and Dance』
    02: 「Elawe Dance Music of Oro: Ewo」
Stylistic Dance
『Yoruba Elewe-Bata Drum and Dance』

03: 「Oru de Igbodu para Yemaya: Eleggua」
Conjunto De Tambores Bata De Amado Diaz Alfonso
『Sacred Rythms of Cuban Santeria』

    04: 「 Oru de Igbodu para Yemaya: Eleggua」
Conjunto De Tambores Bata De Amado Diaz Alfonso
『Sacred Rythms of Cuban Santeria』

 

05: 「Oru de Igbodu para Yemaya: Inle」
Conjunto De Tambores Bata De Amado Diaz Alfonso
『Sacred Rythms of Cuban Santeria』
    06: 「Oru de Igbodu para Yemaya: Oggun」
Conjunto De Tambores Bata De Amado Diaz Alfonso
『Sacred Rythms of Cuban Santeria』

 

07: 「Prelude to Elegua」
MILTON CARDONA

『CAMBUCHA(CARMEN)』

    08: 「Goddess of Sweeet Water(Ochun)」
MILTON CARDONA
『CAMBUCHA(CARMEN)』

 

09: 「Colecao Melhores dos Orixas」
*
DVD
    10: 「Canto para Exu」
Virginia Rodrigues
『Nos』

 

11: 「Depois que o Ile passar」
Virginia Rodrigues
『Nos』
    12: 「Male de Bale」
Virginia Rodrigues
『Nos』

 

13: 「Depois que o Ile passar」
Caetano Veloso
『Fera Ferida』
    14: 「*」
Fela Anikulapo Kuti
『Original Suffer Head』

 

15: 「*」
Ayinla Omoura and his Apala Groupe
『Challennge Cup 1974』
   




新・音樂夜噺 > 第47夜
ページトップ
Copyright 2010 Ongakuyobanashi