音樂夜噺」アーカイブ > 新・音樂夜噺 > 第51夜

  2010年10月2日(土)
東京・渋谷 ダイニングバーLi-Poにて
論者:
辻 康介(ヴォーカリスト)
聞き手:
白石和良(音楽研究家)

「古楽」(Early Music)とは古い時代のクラシック音楽(J.S. バッハなどバロック以前からグレゴリオ聖歌など中世に至る)のことですが、実際にはシューマンもサティーも「古楽」として蘇ったり、さらには、古楽器や古楽がポップスや日本を含めた各地の伝統音楽や現代音楽と結びついて「新しい音楽」としてジャンルを超えて展開しています。今回は「古楽」の現代的な展開をお楽しみいただきます。

| 選曲一覧↓ |


選曲一覧

01: 「Gymnopeie 1」
Patrick Cohen
『Satie』
    02: 「Campane della Chiesa-Anon.(18c.)Tarantella」
Liuwe Tamminga
『Basilicata』

03: 「トッカータとフーガニ短調BWV565」
Enrico Onofri
『THE SECRETS OF BAROQUE VIOLIN』

    04: 「 Chi passa per sta strada」
Doulce memori
『'viva napoli, canzoni villanesche』

 

05: 「Ancor che co'l partire (C.de Rore)」
La Chimera
『Buenos Aires Madrigal』
    06: 「De pastoribus...」
Gregorio Paniagua
『La folia de la Spagna』

 

07: 「Kyrie」
E voce di u cumune

『Corsica, Chants polyphoniques』

    08: 「G.B.Zesso ''D'un bel matin d'amore''」
Sine Nomine
『La vida de Colin』

 

09: 「Salve Virgo regia(Bologna, Q15)」
Ars Italica
『Musica del XV secolo in Italia』
    10: 「Voglio una casa」
L'Arpeggiata
『All'Improvviso』

 

11: 「あのひとは言い訳出来るのか」
Sting
『songs from the Labyrinth』
    12: 「Iwannig Prijag」
Kemener
『Touchant』

 

13: 「Stabat Mater a3(Monopoli写本)」
Le Poee Harmonique
『Giovanni Battista Pergolesi; Stabat Mater』
    14: 「Sona a battenti」
Pino De Vittorio
『Tarantelle del Rimorso』

 

15: 「Giuseppe de Majo ''Quanno lo pesce ebivo'' aria da ''Lo finto laccheo''(Napli 1725)」
Capella dell de Turchini
『Cantate Napoletane del '700』
    16: 「パッサエメッツォ上の五木の子守唄〜ももやももや」
アントネッロ
『天正遣欧使節の音楽』

 

17: 「''Non sofre Santa Maria'' (聖母マリアのカンティガ集159・13世紀)」
AL ANDALUZ PROJECT
『AL-MARAYA』
    18: 「Overture」
Fabrizio Cassol
『VSPRS』

 

19: 「ダンス」
坂本龍一&ダンスリー
『The end of Asia』
    20: 「きれいなねぇちゃんよ」
ビスメロ
『Vis Melodica』

 

21: 「''Ch'io t'amo'' (C.Monteverdi, Il quinto libro dei...)」
Mara Galassi
『Il viaggio di Lucrezia』
   


新・音樂夜噺 > 第51夜
ページトップ
Copyright 2010 Ongakuyobanashi