音樂夜噺」アーカイブ > 新・音樂夜噺 > 第73夜

  2012年10月27日(土)
東京・渋谷 ダイニングバーLi-Poにて
論者:
横井一江(ジャズ評論家)
聞き手:
関口義人(「音楽夜噺」主宰)

最前線のジャズを紹介することで名高かったドイツのメールス・ジャズ祭。80年代半ば以降、ワールド・ミュージックで話題のミュージシャンが数多く出演していたことはあまり知られていません。 そこでは、フランス、リヨンで設立されたARFI(想像的民族音楽探究協会)のプロジェクトが紹介されるなど、多様化するジャズの周縁部での動向も垣間見ることができました。メールス・ジャズ祭に限らず、ヨーロッパのジャズ祭という「窓」から見えたジャズや即興音楽とワールド・ミュージックやフォークロアとの接点と交わりについてお話ししたいと思います。

| 選曲一覧↓ |


選曲一覧

01: 「Time After Time」
Miles Davis
『Tutu Deluxe Edition』
    02:
Doudou N’Diaye Rose
DVD

03: 「Surprise」

『32 Janvier』

    04: 「Dieu N’Existe Pas」
Romano x Scravis x Texier
『African Flashback』

 

05: 「Second Siberian Concert」
Sergey Kuryokhin
『Glden Yeard If The Soviet New Jazz』
    06: 「Letters 1」
Sainkho Namrchylak
『Letters』

 

07: 「The Future Float」
Peter Kowald

『Duos』

    08: 「Hristianova Kopanitsa」
Ivo Papasov
『Balkanology』

 

09: 「Harahaba」
Hassan Hakmoun
『Gist Of Gnawa』
    10: 「Midnight Sunrise」
Ornette Coleman
『Dancing In Your Head』

 

11: 「Xaba - Sunset In Blue」
Dollar Brand
『African Piano』
    12: 「Bleu Fonce」
Irene Schweizer
『To Whom It May Concern』

 

13: 「Canto General」
Pino Minafra
『Terronia』
    14: 「Era una natte chiara」
Lucilla Galeazzi
『Stagioni』

 

15: 「Nutating」
Jon Balke & Magnetic North Orch.
『Divered Travels』
    16: 「Anastaja」
Kimmo Pohjonen
『Kielo』

 

17: 「Nawwar」
Le Trio Joubran
『As Far』
    18: 「Piece de Cour No.3」
Benat Schiary, Michel Doneda
『Ce n’est Poutant』

 

19: 「Jangelma」
Ernst Reijseger w
『Mola Sylla』
    20: 「Mercan Dede」
Crossing The Bridge
DVD


新・音樂夜噺 > 第71夜
ページトップ
Copyright 2010 Ongakuyobanashi