音樂夜噺」アーカイブ > 新・音樂夜噺 > 第79夜

  2013年6月22日(土)
東京・渋谷 ダイニングバーLi-Poにて
論者:
高田洋介(東京チンドン倶楽部)
聞き手:
大熊ワタル(シカラムータ、クラリネット奏者)

明治期の楽隊広告から無声映画時代の伴奏楽団、サーカスのジンタ、寄席囃子、飴屋や紙芝居の太鼓等々、様々な鳴り物混成により形成されてきた和洋折衷の街角・音曲広告媒体がチンドン屋です。 80年代中頃サックス奏者故篠田昌巳(コンポステラ)の牽引により長谷川宣伝社に入門し独立、現在、現役プロとして活動している高田洋介さん(東京チンドン倶楽部)、大熊ワタルさん(シカラムータ)をお迎えし、貴重な音源を聴きながら、その路上の音楽の面白さに迫ってみたいと思います。

| 選曲一覧↓ |


選曲一覧

01: 「ドドレミ疾風怒涛」
北村大沢楽隊
『STURM UND DRANG 疾風怒濤!!!』
    02: 「チンドンヤ松竹和洋合奏団」

『ニッポンジャズ水滸伝』

03: 「町のチンドン屋鈴勘連中」

『日本の庶民芸能入門』

    04: 「ドンドレミ」

『東京チンドンvol,1』

 

05: 「伊勢音頭」
豊年豊年斎梅坊主
『幻の庶民芸』
    06: 「竹す」

『六代目圓生監修による寄席囃子』

 

07: 「竹雀」

『歌舞伎下座音楽集成』

    08: 「竹雀」

『日本の大道芸 チンドン屋』

 

09: 「美しき天然」


    10: 「千鳥」



 

11: 「恋の季節」


    12: 「四丁目」



 

13: 「吾妻八景」
大熊亘ユニット

    14: 「I’LL TAKE THAT CHING-DONG JAZZ MUSIC」
ちんどん通信社


 

15: 「プリパ」
篠田昌巳 他

   

新・音樂夜噺 > 第78夜
ページトップ
Copyright 2010 Ongakuyobanashi