音樂夜噺」アーカイブ > 新・音樂夜噺 > 第81夜

  2013年11月16日(土)
東京・渋谷 ダイニングバーLi-Poにて
論者:
高橋めぐみ(アオラ・コーポレーション、ガリシア音楽愛好家)
聞き手:
萩原睦美(スペイン料理シェフ)

スペイン北西部に位置し、カトリックの三大聖地のひとつサンティアゴ・デ・コンポステラを擁するガリシア地方と隣県のアストゥリアス地方はケルト文化圏として知られています。 サンティアゴへの巡礼は日本でも多少の知名度はあるものの、ガリシアを訪れる日本人は多くはありません。しかし、ガリシアは音楽と美食に満たされた素晴らしいところ!ケルトを代表するアイルランドやスコットランドとは違う道のりを歩んできた音楽の変遷を軸に、 美食談義を挟みつつガリシア音楽の魅力をお伝えします。フラメンコやバルセロナのミクスチャーだけがスペイン音楽ではないように、お馴染みのカルロス・ヌニェスだけがガリシア音楽ではないのです!

| 選曲一覧↓ |


選曲一覧

01: 「Cantos Asturianos」
Vaamonde, Lamas & Romero
『O tambor de prata』
    02: 「Romace de Don Gaiferos」
Faustino Santalices


03: 「Alala das Marinas」
Faustino Santalices

    04: 「Romace de Don Gaiferos」
Luar Na Lubre
『Cantigas do camino』

 

05: 「A Filla de Bartolo」
Pancho Alvarez
『Florencio, o cego dos Vilares』
    06: 「Jota de guia」
Real Banda de Gaitas - deputacion de ourense


 

07: 「Esta noite hai unha fia」
Milladoiro

『Castellum Honesti』

    08: 「Mazurca de octubro 1989」
Na Lua
『As fases de Na Lua』

 

09: 「Muineira de Inzenga」
Matto Congrio
『Matto Congrio』
    10: 「Reel en su salsa」
Matto Congrio
『Matto Congrio』

 

11: 「Rumba de Monzo e Vergara」
Son de Seu
『Mar de Vigo』
    12: 「Navicularia」
Beroguetto
『Navicularia』

 

13: 「Bailador」
Beroguetto
『Viaxe por Urticaria』
    14: 「Tarramundi e Alen」
Susana Seivane
『Susana Seivane』

 

15: 「Isue」
Mecedes Peon
『Isue』
    16: 「Lagrima」
Soas (Rosa Cedron y Cristina Pato)
『Muller』

 

17: 「A Rianxeira」
Uxia
『Meu Canto』
    18: 「Nubeiros de Tronantes」
Xose Manuel Budino
『Sotaque』

 

19: 「Hoxe canto en Liberta」
Xose Manuel Budino
『Sotaque』
    20: 「Negra Sombra (con Luz Casal)」
Carlos Nunez
『A Irmandade das Estrelas』


新・音樂夜噺 > 第81夜
ページトップ
Copyright 2010 Ongakuyobanashi