音樂夜噺」アーカイブ > 新・音樂夜噺 > 第82夜

  2013年11月16日(土)
東京・渋谷 ダイニングバーLi-Poにて
対 談:
北川修一(タンブール奏者、イラン在住)
谷正人(神戸大学大学院人間発達環境学研究科 准教授)

1979年のイスラム革命以降、イラン伝統音楽はイスラム体制の規制の枠内で、ダストガーという旋法体系を中心に、これまでにさまざまなアプローチが試みられ、国際的に名声を得てきましたが、イランでも近年ポップスやラップ、メタルなどの音楽が活発な動向を見せています。 同時に、アメリカをはじめとする在外イラン人コミュニティもまた、コミュニティ内や本国のイラン人の心に届く音楽を届けつつ、発展を遂げてきました。今回の音楽夜噺では、イラン国内と在外イラン人コミュニティの2つの視点から、イラン音楽の現状についてお話したいと思います。

| 選曲一覧↓ |


選曲一覧

01: 「Torkaman」
Mohammad Reza Shajarian&Hossein Alizadeh,Keyhan Kalhor,Homayun Shajarian
『Faryad』
    02:
Alireza Qorbani & Shams Ensemble
『Tanbours Chant』

03: 「Maruchan」
Rastak Ensemble
『Album Souti Rastak』

    04: 「Eetesar」
Shuresh Raanaii
『Eetesar』

 

05: 「Roozhaye Por Bahaneh」
Farshid Arabi
『Sokoot-e Ravi』
    06: 「Taghas」
Mohsen Chavoshi
『Parchame Sefid』

 

07: 「Vatan Yakhsheidir」
Rahim Shahriyari

『Asrin Gozli』

    08:
Abdolqader Maraghei Ensemble
『Shouqnameh』

 

09:
Keyhan Kalhor & Erdal Erzincan
『Kula Kulluk Yakisir Mi』
    10: 「Badiee」
Kaveh YAGHMAEI


 

11: 「Rumba de Monzo e Vergara」
Son de Seu
『Mar de Vigo』
    12: 「Green Desert」
Naima Persian Jazz Band


 

13: 「Memoirs of Sangesar」
Kourosh Zolani
『Memoirs of Sangesar』
    14: インドサントゥールとイランサントゥールとの共演。
Roozbeh Nafisi


 

15: 「Bi-gah(Bee-Gaah)」
Roozbeh Nafisi

    16: 「Persian Dance」
Houman Dehlavi



新・音樂夜噺 > 第82夜
ページトップ
Copyright 2010 Ongakuyobanashi